ボウケンノトビラの由来。

 

昔 一人でツーリングをして居た頃。

群馬の山の中を気の向くままあちらこちらへ。

そろそろお昼。

私のお決まりのお昼ご飯はザックに入っている飲み物とおにぎり。ひとりで川の音と鳥の声と一緒に昼食とする。

細い舗装道路に出た。

ふと足をついた横の看板に 『←ボウケンノトビラ』と書かれていた。

その先には、ほそーいほそーい道があった。

知らない道に行くときは、ドキドキワクワクする。

人生も同じ   かな。

これから進む木工の道。ドキドキワクワクを求めて

ボウケンノトビラと名付けました。