手足が冷える日が来ましたね。

早いもので10月も半ばに入ろうとしています。

犬の散歩で、今年の柿は小さいなぁーなんて思っているうちに、

いつも見ていたちいさな柿たちは誰かの胃袋に収まったようです。

1個もなくなっていました。

金木犀の香りもいつの間にか感じなくなって・・・

毎年感じてたことが感じられない・・・なぜ?

と考えたら・・・

 

そうでした。私仕事を変えたのです。

以前はいつも畑道を突っ切って行く道。途中には畑 神社 大きな銀杏の木。 

花びらが散るとオレンジの海のようになる金木犀の木。

野菜の無人販売所。

レトロなガソリンスタンド。

 

でも今は信号のたくさんあるお店もたくさんある街へ勤めたのでした。

買い物には困らないけど、今までの自然が見ることが出来なくなってとってもさみしいです。

 

そんな心も寒くなってくる時期になったので、今日の作品にはマフリャーをしてみました。

まだ、削ったままの状態。これから白ウサギ&白ベンチに変身させます。

 

ではまた。